謹賀新年

アート的な暮らし

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

初詣は近くの登戸神社(登渡神社)へ。
3が日連続でお参りに行ってきました。
ここは私の大好きな龍が迎えてくれるので、龍神様とご縁がある神社かどうかわかりませんが、大好きな神社です。

2日目に、期せずして厳かな御神楽に合わせて寿獅子二頭舞と呼ばれる舞台が見れて感動!日本古来の雅楽に合わせ獅子が舞う様子に、日頃忘れてしまっていた、ゆったりと流れる穏やかな時間と懐かしさを感じ、改めて日本の伝統文化の素晴らしさを堪能しました。
神様のお導きのような心温まる体験に、今年は素晴らしい年になりそうで、夢は膨らむばかりです。
※この登戸神社神楽殿は、[ 千葉市地域無形民族文化財 ] に登録されていると記載されていました

おみくじも、最近滅多にでない「大吉」で、ますますテンション爆上がり。

最近神社仏閣に興味を持つようになり、先日初めて知ったのですが、初詣に行くと必ずのようにひくおみくじですが、「ルーツはお寺だった」ってご存知ですか?

おみくじは中国の宋の時代のものが、江戸時代に「観音みくじ」として入ってきたそうです。それが面白いということで神社も取り入れていったとのこと。
お寺のおみくじは、「漢文」(五つの漢字が4行並んでいる)
神社のおみくじは、「和歌」(和歌とその後に意味が書かれている)
仏教がルーツというのも意外でしたが、おみくじの形式も違うんですですね。

ちなみに私が引いたおみくじの和歌は
「さびしさに 何とはなくて来てみれば うれし桜の 花ざかりかな」