龍の三人展「碧落一洗」

アート的な暮らし

目黒区美術館 区民ギャラリーで開催された3人展「碧落一洗(へきらくいっせん)」に伺いました。

以前から大ファンの水墨画家の龍全さんの展示。

コロナがあり、なかなかお会いできず、久々の再会です。

昔から何故か龍が大好きで、「龍を一緒に描く」というワークショップに参加させていただいてからのご縁です。

未だに描くのは苦手ですが、龍は大好き。何だかいつも龍に護られている気がしています。

2022年のカレンダの原画をもとに、たくさんの龍の作品が展示されていました。
ちょっとのつもりが、素敵な作品の数々に惹かれ、ついつい長居を。
久々、龍の世界を堪能しました〜!

左が彫刻家の薬師寺一彦氏、右が水墨画家の龍全氏です

※展覧会のタイトル「碧落一洗」とは、雨が降ったあと、空がきれいに晴れ渡ることの意味で、この先の世界が、そのようになることを願って名付けられたそうです。