クールで落ち着いた青

インテリア・アート

青のイメージは色調によって変化します。
明るいスカイブルーは希望や積極性、淡いベビーブルーは優しく穏やかな気持ちを連想させます。
また深いマリンブルーは冷静・鎮静といった感情と結びつきます。
一般に青はクールな探究心や自立と繋がりやすく、深く自分自身を省みるというような落ち着いた精神の状態を生むようです。

漢字の「静」の字にも青が使われているのも、こうしたイメージから来ているのかもしれませんね。一方で青二才や青侍など未熟者を形容したり、マタニティブルー(出産後の女性の気分が落ち込む事)などと、憂鬱な気分を表すマイナスの意味にも、ブルーは使われます。
私達の大好きな青、イメージや気分を表す言葉として、生活のいろいろなシーンで使われているんですね。

(参考文献 色の辞典)