光峯の織物美術展

イベント

銀座の「ギャラリーあづま」で開催された「光峯(KOHO)の織物美術展」

昨年京都にある「錦の伝統織物 光峯」さんの工房を見学させていただき大ファンになり、今日は八つ縄文織り作家の別府ちなみさんを誘って伺いました。

今回、光峯の代表でもある「 錦の伝統織物作家 龍村周さん 」もいらしていていて、作品を見ながら様々なお話を伺えて感動でした。
錦の糸が織りなす繊細な美しさを実際に見て触れることができる貴重な機会に、テンション爆上がり!京都での感動、再びって感じでした。

龍村さんは京都の伝統織物の「 錦織物 」、別府さんは諏訪の「 やつ縄文織り」と全然違いますが、織物に対する情熱と熱い想いは同じ。
意気投合したり、そんな大変な工程を繰り返してこの作品が出来るんですねと驚いたりと、話は尽きません。

絹織物なので、どの作品もびっくりするくらい軽くて繊細です。
どれも素敵で迷ってしまいますが、今回は淡いクリーム色のうさぎ柄のポーチを連れて帰ることに。
作品のクォリーの高さに感動するとともに、こんな素晴らしい日本の伝統工芸を次の世代に伝えていきたいと強く思いました。