龍全(水墨画家)

プロフィール

Ryuzen Murai / 村井龍全
水墨画家 龍全(Ryuzen) 札幌市出身 1982年生まれ

小学生時代札幌スキージャンプ少年団所属
酪農学園大学卒(野球部所属)
2005年アメリカ カリフォルニア州にて1年間農業に従事
2007年大丸札幌店呉服専門店へ勤務

2009年イギリスに渡航。
新渡戸稲造著「 BUSIDO 」を読んでもらう為に水墨画で描いた徳川家康の「 甲冑 」がきっかけで、イギリスで水墨画家として活動を始める
2011年3月10日に帰国。石巻市で瓦礫清掃活動
帰国日が東日本大震災と重なり絵の意味や価値について深く考えるようになる

2012年水墨画の師である李鉄君氏の元で師事
2015年世界遺産でもある奈良の金峰山寺にて山伏と縁をいただき「 龍 」を描き始める
南は高千穂神社、北は弥彦神社と全国各地の神社仏閣へ龍の絵を奉納する

2017年8月 北京都の一心寺(日蓮宗)へ天井画 「 白龍 」 奉納(約10ヶ月で完成)

2018年 成田山新勝寺書道美術館にて個展を開催
2019年 小樽出羽三山/鳴神龍神社へ金龍と不動明王を奉納
2019年10月 伊勢神宮前にて展示会
2020年 沖永良部島竜王寺へ岩流を奉納

※略歴は下記龍全さんホームページをご参照ください↓
http://koichi-murai.com/

受賞歴

2012年 6月 第1回アートコンテス 入賞
2015年 4月 東京水墨画展 新人賞
2016年 8月 第21回全国総合水墨画展 国立美術館 優秀賞

Gallery

一心寺 天井画 『 水墨画で描く白龍 』 (13分23秒)