原田哲治(ガラス作家)

プロフィール

18歳からガラスの世界に飛び込み、イタリア・ベネチアに次ぐガラス王国である、スウェーデンの王室御用達の工房にてグラール技法を習得す磐田市「新造形創造館」にて「原田哲治展 ~スウェーデン・グラール技法を中心としたファンタジーの世界へ

1971年  長野県出身
1990年 安曇野ガラスの丘アートヒルズにて創作活動開始
1994年 スウェーデンに渡り王室御用達工房Sutudio Glashyttan Ahusのスタッフとなるマイスターオート・ツインザック氏に師事
1999年 丸善 信州・高原のガラス展 第4回ホビーフェスティバル併設展『信州の風』参加
2000年 「グラススタジオ T2」を山本達也氏と設立 活動開始
2003年 丸善 安曇野ガラス作家6人展(愛知)
2006年 TVチャンピオン「ガラスアート選手権」出場
2008年 ART BOX IN JAPA
2012年 長野県伊那文化会館 美術展示ホール
ホクト文化ホール(長野県民文化会館)ギャラリー「信州新世代アーティスト展2012」参加
2015年 第6回現代ガラス展 in 山陽小野田ヴェネチアのガラス作家・土田康彦氏とコラボレーションを始める2016年 銀座「ゆう画廊」にて二人展「G2~ヴェネチア旅行記」
2017年 磐田市「新造形創造館」にて「原田哲治展 ~スウェーデン・グラール技法を中心としたファンタジーの世界~」
2018年 銀座「ゆう画廊」初夏のガラス工芸展銀座ギャラリーゴトウ 夢見るXmas展
第14回日本のガラス展 代官山ヒルサイドテラス、ヒルサイドフォーラム、エキシビジョンルーム
2019年 銀座 Xmas Art Festa 2019 ギャラリーゴトウ TROIS NOEL 夢見るクリスマス
2020年 新宿小田急百貨店 原田哲治のガラスの世界ー初夏の煌めきー銀座ギャラリーゴトウ 原田哲治展 ガラスの中の浮遊+ 「Fi Ka & T」 伊藤香奈さん絵画とガラスのコラボ他 
個展多数開催

グラール技法

グラール技法は、スウェーデンを代表するガラス工房オレフィス社によって、1914年前後に開発された技法です。
色ガラスをガラス玉に重ね、外側はガラスならではの滑らかさを感じられ、なおかつ内側に見える色ガラスの模様で装飾的な美しさも味わえる作品が作られるようになりました。

まるでガラスの中に絵が閉じ込められているような印象を与えるこの技法は、本場スウェーデンで今なお注目を集めています。

Gallery