ピカソとその時代

アート

[ ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 ]

西洋美術館で開催中のピカソ展に行ってきました。

Plus Art で一緒に活動している友人たちと待ち合わせて会場へ。
日時指定のチケットを事前に購入するので、人はそこそこ多いのですが、ゆっくり鑑賞できました。

今回の展示は、ベルクグリューン美術館の改修に伴い、初めて主要作品がまとまった形で国外に貸し出され、97点のうち76点が日本初公開という超貴重な展覧会です。

ベルクグリューンはピカソと交流をしながら作品の収集に没頭していたので、今回日本初公開のピカソ作品が多いそうで、ピカソの各時代を代表する作品が紹介されていました。

ベルクグリューンは、作品を購入するとアンティークの額を探して作品と組み合わせていたので、こだわりの額とのユニークな組み合わせも見どころのポイントになっています。

3人それぞれに見て回るのですが、「 この作品いいよね〜 」と同じところで写真を撮っていて、つい「にっこり!」

画像などでも普段見ることのないような作品も多く、20世紀の巨匠と言われているアーティスト別に展示されていて、とてもわかりやすく充実した展覧会でした。

ピカソ・クレー・マティス・ジャコメッティ
4人が師と仰いだ、モダンアートの祖、セザンヌ

久々、大満足の展覧会でした。
1月まで開催しているので、もう一度行けたらいいな。